山田家のワイワイ雑記帳

ある大阪のおばちゃんの育児初体験とそのほか役立つ(かもしれない)生活情報を綴ります

アンガーマネジメント入門講座を受けてみた

こんにちは。

自慢じゃないけど八つ当たりクイーンのヤマダママです。

 

いきなりですが、、、

 

この度、夫に勧められて

アンガーマネジメント入門講座

を受けてきました。

 

自覚はしているんです。 

夫に対してつい余計な事を言ってしまう。 

言い方がきつくなってしまう。

 

特に空腹時と暑い時は鬼門です。

 

つ、つまり、

八つ当たりってやつですか?

 

もう最低ですね。

そう、最低なんですワタシ!!

 

そんな最低なワタシのために、

夫がどこかで見つけ、

わざわざ持って帰ってきてくれたのがこちらのチラシです。

f:id:yamadake-waiwai:20170722220402j:image

なんて優しい夫、、、

(え、ちがいます?)

 

そんな優しい夫に感動した私は、

期待に応えようと早速予約を入れた次第です。

 

前置きが長くなりましたが、

今日は

怒りを爆発させてしまう方

怒っては後悔してしまう方

怒りが溜まっている方

すぐに怒る方

などなどに、

怒りに関するお悩み解決方法の一つとして

アンガーマネジメントをご紹介します。

 

「アンガーマネジメント入門講座 - 怒っていいんです!後悔しない怒り方」 

結論から言うと、行ってよかったです。

 

自分の「怒り方」について真面目に考える良い機会になりました。

 

とても朗らかで素敵なコーチ(上のチラシの方)が、

ご自身の体験やいろんな事例を交えて

入門編アンガーマネジメントを説いてくださる、

あっという間の90分でした。

 

というか、

90分じゃ短すぎるくらいでした。

 

怒りの感情をコントロールしてみよう

「怒り」という感情は

人間が持って生まれる感情なので、

あって当たり前。

 

無くすことはできせん。

  

そこで、

どうしたら自分の怒りを上手にコントロールできるのかを知り、

実際にコントロールできるようにするのが、

アンガーマネジメントのゴール(目的)です。

 

では、
ムカッと来た時にあなたはどうしていますか?

 

すぐに言い返したり、

声を荒げたり、

物に当たったりしていませんか?

 

これでは怒りを上手にコントロールできているとはいえません。

 

アンガーマネジメントでは、

下に挙げる3つのトレーニングで

怒りの感情をコントロールできるようにするそうです。

(作戦名はイメージしやすいようにヤマダママが勝手に命名しています)

 

ただ、

トレーニングの詳細はかなり端折ってありますし、

ヤマダママの解釈に曲げられた内容になっているかもしれません。

 

興味がある方はこのような講座を受けてみるといいと思いますよ!

  

トレーニング その1 「6秒作戦」

ムカッーと来たときに少し時間をおき、

怒りのピークを通り越させて落ち着く練習

(6秒で怒りのピークを迎えるという科学的データがあるらしいです)

 

トレーニング その2 「いったい何点?作戦」

今回の怒りがどのくらいの怒り度合いなのかを分析してみる練習

(以前の怒りの点数と比べてみることで、

意外と大した怒りではないことに気がついたりするらしい)

 

トレーニング その3 「なんでだろう?作戦」

相手がナゼそういう態度・言動をしたのか背景(相手の「べき」)

を察して理解する練習

(必ずしも自分と相手の「べき」が一致しないことを肝に命じて…)

  

怒っては後悔してしまうばかりのあなたも、

ぜひヤマダママと一緒に挑戦にしてみましょ!

 

私の「べき」とあなたの「べき」は違って当然

「べき」は個人個人でも異なりますし、

時代によっても変化していくものだそうです。

 

入門講座の「例えば…」でなるほどだったのは、

電話はみんなで共有するもの

という認識が当たり前だった固定電話世代離席中の卓上電話は周囲が取るべきに対して、

携帯電話世代

「とっちゃってもいいんですか?」

となるらしいという話。

 

本当に、人それぞれ「べき」は違って当たり前なんですね〜。

 

もちろん、

違うからといって全てを鵜呑みにして我慢しなければならないわけではありません。

 

そういう場合は境界線をはっきりさせ、

共通の「べき」を設定してみましょう。

 

 ヤマダママの今後の取り組み

ついつい自分と夫の「べき」が同じであると勘違いしてしまうヤマダママは、

「夫がナゼそういう態度・言動をしたのか背景を察して理解する」のが下手です。

 

それどころか、

そういうことを考える前にすでに

キィー!カァー!となっています。

 

まず深呼吸を2回はしてみます。

 

夫の「べき」とヤマダママの「べき」は

「ちょっと違うけどいっか」

の許容範囲を広げる努力も必要ですね。

 

そうそう、

そういうことを考えているうちに怒りのピークは過ぎ去っているはずです。

 

ふむふむ〜、

道のりは長いかもしれないけど、練習あるのみ。

 

夫のために頑張ります!

 

アンガーマネージメント協会

当講習主催者である日本アンガーマネジメント協会東洋経済記事も併せてご参照下さい。

企業広告ですが、アンガーマネジメントのことがわかりやすくまとめられています。

toyokeizai.net

 

ヤマダママ的まとめ

出産してから、

と言うか妊娠がわかってから、

ずっとホルモンバランスの乱れのせいにして、

小さなことでもキーキーカーカーしておりました。

 

これを機会にしっかり反省し、

怒りの感情をコントロールできるようにして夫と仲良く生活していきたいです。

 

二度と「八つ当たりクイーン」なんて呼ばせません

 

皆さんも、周りを傷つけないように上手に怒って楽しい生活を送りましょう!