山田家のワイワイ雑記帳

ある大阪のおばちゃんの育児初体験とそのほか役立つ(かもしれない)生活情報を綴ります

衣類乾燥機 vs.  電気代

こんにちは。

家事のダンシャリスト、山田ママです。

 

できることなら家事に時間は取られたくないですよね。

そういう私は、できるだけ電化製品のお世話になりたい派です。

 

今日は私のお気に入り、「衣類乾燥機」の話をさせてもらいますね。

 

以前、清水の舞台から飛び降りた気分でPanasonicのドラム式ヒートポンプを購入した際に、寸法もバッチリ測って余裕なはずなのに、いざ取り付けの段階で「幅がギリギリすぎなのでやめた方がよいです」と引き取られてしまうという悲しい経験をしたことがあります。

 

みなさんは大丈夫だと思いますが、念のため補足です… ドラム式の洗濯機の設置には素人が思う以上に設置(作業?)スペースが必要なようなので注意してくださいね!

 

しかも山田家の洗濯機置き場のある洗面所の壁は上の方が少し前面にせり出しているので、洗濯機の上に重ねて設置するのは無理ということが判明。

 

が〜ん!

 

がしかし、もちろんそんなことで山田ママが諦められるはずありません。

 

洗濯機は洗面所、衣類乾燥機はリビングダイニングの冷蔵庫の横が定位置になりました。

 

人間工学的視点から言っても、洗濯機と乾燥機が上下に設置されている方が理にかなってるのは言うことがありませんが、乾燥機がない不便さに比べると、なんてことありません!

 

すぐに慣れます。

 

以上、前置きが長くなりましたが、山田家ではヒタチのあとは着るだけDE-N55FXに落ち着きました。

 

使用時間

量や生地・素材などによって異なりますが、1〜3時間で乾きます。

 

気になる電気代

ちゃんと調べてくれてる方がいましたよ!

是非ご参照くださいませ。

www.tainavi-switch.com

 

こちらによると、ヒタチ乾燥機は弱モードで約40円弱/2時間ですって。

つまり毎日1回洗濯をしている我が家の場合、

1ヶ月 約1,200円

1年 約14,400円

これを高く見るか安く見るかは感覚の違いですが、わたしは「安くはないけど、意味のある上手な使い方である」で必要経費に即認定です。

 

オススメポイント

  • 洗濯物がふんわり乾く。雨の日でも必ず、ふんわりフワッフワッに乾く。
  • 1年365日、天気の心配なく洗濯ができる
  • 広げる手間がかからない
  • 干す手間がかからない
  • お向かいさんと不要に顔を合わさなくて良い
  • お向かいさんに洗濯物を見られずに済む
  • いい匂いに出来上がる
  • 下着泥棒に目をつけられる心配がない
  • 花粉が付かない
  • PM2.5の付着も心配なし
  • 蜂などの昆虫が洗濯物に紛れ込む心配がない

もう、良いことづくめです !

 

マイナスポイント…

  • 物によってはしわになる
  • 物によっては縮む
  • 少なからず電気代がかかる
  • 少なからず場所を取る

これくらいしか思いつきません。

 

「タンブラー乾燥はお避けください」の表示

衣類は「タンブラー乾燥はお避け下さい」の表示が多いですが、縮むと心底後悔するであろうもの以外は普通に乾燥機にかけています。

 

ちなみにニットの類は縮み方が半端ないので山田家でも乾燥機にかけません。

若かりし頃にニットのセーターを乾燥機にかけたら本当に縮みました。

丈が短くなるだけならまだしも、全体的に凝縮される感じで、首まわりや胴まわりもきついし、エライコッチャでした。

上手に縮ませられればワンちゃん用のセーターにリフォームできるかもしれませんが、我が家にはワンちゃんがいないので却下です。

 

おばちゃんのひとり言

そういうわけで、健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、おばちゃんは衣類乾燥機を愛すことを…誓います!

 

購入を迷っている方は「買い」をお勧めです。

 

あなたも直ぐにトリコになること間違いありませんよー。