山田家のワイワイ雑記帳

ある大阪のおばちゃんの育児初体験とそのほか役立つ(かもしれない)生活情報を綴ります

BCGから1ヶ月。。。うわぁお!

ケセラセラ、人生なるようになる実行委員の山田ママです。

 

今日はBCGのその後について少し書きます。

 

日本で幼少期を過ごした人ならほとんどの人がBCG予防接種(ハンコ注射)を受けているのだと思いますが、山田ベビーもとうとう先日受けました。

 

BCGは忘れた頃に反応が出てきます。

 

予防接種手帳には「接種後10日後から2週間で針のあとが赤く膨らみ、接種後4〜5週間目に最も赤くなります。膿を持ったり、浸出液が出る(ジクジクする)ことがありますが、針のあとをこすったり、絆創膏を貼ったりせずに清潔に保ってください。」とありました。

 

山田ベビーについては、ずっと赤く膨らんだ感じだったのですが、ちょうど30日目に針の跡が白っぽく膿んだようになりました。潰したら白いニュルニュルが出てくる吹き出物みたいな大きさの物体が全18個。

 

 

突然の31日目スタートですが、せっかくなので写真付きでご紹介します。

 

31日目:どうもジクジク感は30日目がピークだったようです。乾きました。

f:id:yamadake-waiwai:20170616163014j:plain

 

32日目:ずいぶんカサカサになりました

f:id:yamadake-waiwai:20170618000303j:image

 

33日目

f:id:yamadake-waiwai:20170618000329j:image

 

34日目 

 f:id:yamadake-waiwai:20170618000359j:image

 

35日目

f:id:yamadake-waiwai:20170618000557j:image

 

非常に中途半端ですが、ピークを超えたようなので、一旦BCG痕レポートを終わります。

 

ちなみに「接種後2〜3か月で針のあとがかさぶたになり、かさぶたが取れた後は痕が残ります。針のあとの赤みは少しずつ薄くなり、接種後1年くらいで目立たなくなります。」とのことです。

 

 BCG接種後1ヶ月経っていきなりジクジクしてきたからといって、みなさん焦らないでくださいね!

 

※コッホ現象の場合は、必要な検査などを行うため、必ず、速やかに保健福祉センターへ連絡する必要があるとのことです。

コッホ現象:「BCG接種後、通常よりも早い時期(10日以内、多くは2〜3日後)に、接種した場所が赤くはっきり腫れたり、針のあとが膿をもつことがあります。」「通常2〜3週間で腫れなどはおさまり、自然に治ります」