山田家のワイワイ雑記帳

ある大阪のおばちゃんの育児初体験とそのほか役立つ(かもしれない)生活情報を綴ります

妻が夫にキレる本当のワケ

こんにちは!

今日も朝から元気、山田ママです。

 

「NHKスペシャル ニッポンの家族が非常事態!?2▽妻が夫にキレる本当のワケ」みました。

 

みました?

 

www.nhk.or.jp

私自身、イクメンでいつも優しくしてくれる山田パパにキレキレになっている自覚がありつつも改善方法が見つけられていないひどい状況なので、とても興味深くみました。

 

番組内容の詳しい記録はこちらを参照

http://datazoo.jp/tv/NHKスペシャル/1069660

Youtubeとかでもアップされているかもしれませんね。

 

共感ができない男性と、表情を読み取る能力の高い女性など、男女の脳内の違いも面白かったのですが、ホルモンの働きについては「ハッ」とさせられるものがありました。

 

赤ちゃんの顔を見ながら授乳をするとオキシトシンの分泌量が増えるので母乳がたくさん作られるますよとか、育児書にもオキシトシンってよく出てきます。母子間だけかと思っていたら、男女間にも有効な愛情ホルモンだったのです。へぇー。

 

しかも女性だけではなく、男性もオキシトシンを分泌していると。へぇー。

 

お互いが壁を見ながら(つまり相手を見ないで)会話するよりも、手を握ったり見つめあって会話するだけで、オキシトシンの分泌量が格段に増えます。スキンシップやアイコンタクトがカギと言うわけです。こんなにお手軽に愛情ホルモンを増やし、お互いがもっと愛情深くなれるなんて、こんな素晴らしいことじゃないですか❣️

 

ちなみに番組の実験では鼻からシュッシュッシュと挿入するスプレー型も使われていて、あまりの手軽さに出演者の方々も「欲しいぃ〜!」を連発していました。が、日本ではまだ医療用としてしか許可されていないんですって。残念。と言うわけで、我々一般人は手をつなぎましょう。(笑)。

  

山田ママの結論

妻が夫に切れる本当のわけ、なんとなくわかりました。

男女の脳の作りの違いや、愛情ホルモンの分泌量の問題だったのね〜って、じゃあそれでどうするってことですね。

山田ママはテストステロンを減らしオキシトシンたっぷり、愛情たっぷり💖の母&妻になります❣️

日々のスキンシップを増やしたり、日頃の感謝の気持ちを言葉で伝えるようにして、夫のオキシトシン分泌量もわんさか増えるように頑張ります❣️

山田パパに愛想をつかされる前に、変わります❣️